仲道郁代 | クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

http://amadeusrecord.net/
アマデウスレコードのサイトは上記アドレスへ移行しています。
音楽をキアロしませんか?
クラシック音楽に限りません。
音楽についてのあなたの謎を教えて下さい。

今日の売れ筋アイテム

織り上げられて帯になる、絹の糸は 月明かりに照らされて 今はまだ夢を見ている

2008.12.13 Saturday 22:22
0
    ファニー・ヘンゼル


     12月13日午後7時から2時間放送されたクラシック音楽探訪、BS日テレ「メンデルスゾーン幻想」で、ナヴィゲーターをしてくださった松下奈緒さん。
     番組中でのお召し物は素敵で、つい目を奪われていました。くわえて着こなしも歩き方も背景に映える仕草で素敵でした。
     背景に過ぎていく、メンデルスゾーンゆかりの風景。フェーリックスが、ファニー・ヘンゼルが暮らしていた頃にあったそのままのものもあったのではないかしら。
     松下奈緒さんがファニー・ヘンゼルの日記を朗読した時に、傍らにあった古い樹。ファニーも触ったのかも知れない。


     ああ、良いなあ。


     ファニー・ヘンゼルの書いた曲の数は多くなくても、ピアノ曲、歌曲はどれもキラキラ、さらさらと絹触りのよう、細くても強い力が宿っています。女性らしいしなやかな旋律。起承転結のしっかりした運びの音楽。モーッアルトやフェーリックスのように、ひらめきを感じる跳躍はないものの、男性音楽家と違ったセンス、柔らかで日常的に品の良い調度品のようで大好きです。

     番組中で、ファニー・ヘンゼルの音楽性を開花させた存在としてゲーテが紹介されました。ゲーテの詩の視点。男性の目線で世界を見た言葉ですね。今回改めて、わたしがゲーテの詩に関心を抱くのか、わたしにはどうしても書けそうにない視野だからかも知れません。



     41歳で若い華を散らしたファニー・ヘンゼル(1805.11.14-1847.5.14)。突然の病でした。「音楽はフェーリックスのもの」、「女であるファニー・ヘンゼルには飾り物でしかない」とお父様に諭されて一時は後ろへ下がったファニー・ヘンゼルでしたが、お父様が亡くなったあとに作品集を他の作曲家と5人と共に出版。その中で、ファニー・ヘンゼルの作品を評価されたことはどんなに嬉しかったことでしょう。
     それから書き綴った曲と楽譜。少なかったかも知れません、短かったかも知れません。でも、素晴らしい時間を享受されましたよね。

     松下奈緒さんのお洋服に目を奪われ、ファニー・ヘンゼルの音楽に耳をとられ、メンデルスゾーン姉弟が過ごした街並みに心ひかれたひとときでした。

     仲道郁代さんが、ブラームス、シューベルトを縦糸に、フェーリックスとファニー・ヘンゼル、クララとロベルト・シューマンを綾なした一枚の「ロマンティック・メロディー」。
     このCDを聞いたことは、クララ以上に、ファニー・ヘンゼルの作品を探して聞く歓びをわたしに与えてくれました。




     歌のない歌曲集。「無言歌集」。メンデルスゾーンが創案したと評され、代表作であるピアノの小品曲集。「無言歌集」というピアノ曲の発想には、ファニー・ヘンゼルの考えが大きく働いていたと言います。そして、「無言歌集」として出版された中に、ファニー・ヘンゼルの作品と言われるものも今では評価されていると言います。
     ベニスの舟唄と題された曲のほか、題名が同じものが何曲もありますよね。同じ題材で二人の姉弟が書きあった共作なのかも知れません。


     番組中で披露された、松下奈緒さんのピアノ曲「Balloon」も闊達で頼もしい、姿を感じる女性らしいセンスの音楽でしたね。JUGEMテーマ:今聴いてる音楽教えてください!

    仲道郁代,メンデルスゾーン,シューマン,シューベルト,ブラームス
    BMGメディアジャパン
    (1999-04-21)

    クリスティーナ・ヘークマン(S),Clara Schumann,Fanny Mendelssohn-Hensel,Roland Pöntinen,Christina Högman
    BIS
    ()

    松下奈緒,NAOTO,ゴンチチ,松谷卓
    ERJ
    (2006-10-18)
    Creative Commons License
    This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


    仲道郁代 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

    ねらわれた花嫁ソナタさん 月光ソナタに秘められたメッセージ 仲道郁代さんがミステリーを解明

    2008.06.14 Saturday 06:30
    0
      1)ピアノ・ソナタ第12番変イ長調op.26「葬送」
      2)ピアノ・ソナタ第13番変ホ長調op.27-1「幻想」
      3)ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調op.27-2「月光」
      4)創作主題(トルコ行進曲)の主題による変奏曲ニ長調op.76


       13日の金曜日には、必ず良いことがあるってFUZZJPさんのブログ、Ragdoll Cattery Fuzzjpで教えていただきました。FUZZJPさん、ありがとうございます。

       午後8時からのセリーヌ・ディオンさんのラス・ヴェガス・コンサートの放送を楽しく待った良い一日でしたが、もっと思いがけない喜びがありました。
       午後7時からのNHK「クラシックミステリー 名曲探偵アマデウス」で、ベートーヴェンの《月光》ソナタの謎を解いてくれたのは、わたしの敬愛する女流ピアニスト仲道郁代さんでした。
       ちょうど夕飯のための買い物から帰ったら、耳に馴染んだピアノのタッチにテレビを伺ったらはたして仲道郁代さんでした。サプライズ。今回のミステリーは《月光ソナタ》とは事前にわかっておりましたが、演奏して下さるのは仲道郁代さんを置いて現在は考えられませんよね。セリーヌ・ディオンさんに有頂天で油断してました。ひとつことしか見えないのがわたしの玉に瑕です。

       すぐに夕食の支度にも入りましたので、番組をキチンとは観ていませんので「花嫁のソナタ(曽名田)さんが持ち込んだミステリー」の方はとにかく、耳だけは演奏を楽しみました。スタインウェイだとは思えないでしょう。コロコロと粒立ちの良いピアノです。しかも芯が強い。仲道郁代さんが鍵盤を強打した時にうなりを上げる、ピアノ線の振動音がわたしは大好きです。余韻がふくらまないスタインウェイの響きは、今回も仲道郁代さんのベストパートナーの調律には違いないでしょう。
       演奏家と録音物にはパターンがいくつかあります。録音されたものによって、実演ではわかりにくかったことが見えるようになる演奏家。そして実演が、録音する器に入りきらない演奏家。

       仲道郁代さんの演奏に実際にふれると、驚くほど大きな音でステージから離れた席で聴いていても鍵盤上を駆けめぐる指の動きが見えます。低い音から高い音へと駆け上っていく音色はいくらでも聴いていたいほどです。再放送は火曜日の午前8時です。

       すでに御存知の方もいらっしゃることでしょうけど、ひとつ追記です。
       14日土曜日の午後0時45分の「名曲探偵アマデウス」は、「シベリウスのフィンランディア」の再放送ですけれど、本放送の時のテロップの間違いが修正されて放送されます。
       わたしがNHKの番組は、再放送の方が良いと評価するのは時折手直しがされて画質、音質に安定感が増していることがあるからです。
      印刷ネット通販 グラフィック
      Creative Commons License
      This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


      仲道郁代 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

      仲道郁代さん 山形交響楽団酒田公演

      2008.05.08 Thursday 15:24
      0
        仲道郁代

        山形交響楽団酒田公演

        ♪5月9日(金)18:30 酒田市民会館・希望ホール

        ♪5月10日(土)19:00 山形テルサホール

        ♪5月11日(日)14:00 山形テルサホール

        指揮:飯森範親

        曲目 キラール:オラヴァ
           ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調作品22
           ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調作品27

        お問合せ:山響チケットサービス 023-625-2204
        http://www.yamakyo.or.jp








        仲道郁代オフィシャル・ウェブ

        仲道郁代オフィシャル・ウェブ
         amadeusrecords.jp は、仲道郁代さんのご活躍を応援いたします。


        Creative Commons License
        This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


        仲道郁代 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

        メールアドレスを入力してください:

        配信: FeedBurner