カーラ・ブルーニ | クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

http://amadeusrecord.net/
アマデウスレコードのサイトは上記アドレスへ移行しています。
音楽をキアロしませんか?
クラシック音楽に限りません。
音楽についてのあなたの謎を教えて下さい。

今日の売れ筋アイテム

Bruni's New Album Is 'Simply' Sultry

2008.07.11 Friday 15:00
0
    Review of: Simply (Comme si de rien n'etait)
    By HELEN BROWN, The Daily Telegraph | July 10, 2008


    Carla Bruni's new album, "Comme si de rien n'etait" ( "As if nothing happened"), will be sold internationally as "Simply." On it, she sings of her love for her husband, President Nicolas Sarkozy of France, and much more. A song-by-song review is below.



    "Ma Jeunesse" The Premiere Dame may have a colorful past, but her music has always been as classically chic and subtly sexy as her Christian Dior wardrobe. The supermodel-turned-chanteuse has been worried that her left-leaning fan base might desert her now she's married to the right-wing French president, so the album's title is literally a plea for them to treat her Comme Si De Rien N'Etait (As If Nothing Has Happened).

    And she opens her third album with a simple, low-heeled piano waltz. Now 40, she sings a rueful farewell to youth. The melancholic melody and mournful brass solo recall the Beatles' "For No One."

    "La Possibilité d'une île" Pushing her independent, intellectual credentials, Ms. Bruni has set an extract from Michel Houellebecq's novel "La possibilité d'une île" to music that sounds as if it's been lifted from the soundtrack to "Twin Peaks": all slow-motion xylophones and swirly guitars.

    She gets the tone of detached despair and sinister dreaminess just right as she quotes breathily from France's literary bad boy (who tried his hand at rap before succeeding as a novelist). The hero of Houellebecq's novel is a middle-aged man who falls for a glamorous actress 25 years younger than himself.

    Ms. Bruni is only 13 years younger than Mr. Sarkozy and, it is often joked, 13 inches taller.

    "L'amoureuse" Ms. Bruni's romantic CV shows a taste for rich and successful older men: Ex-lovers include Mick Jagger, Eric Clapton, and Donald Trump. Over elegant strings and a jaunty guitar line arranged by the dashing young chansonnier (and Catherine Deneuve's son-in-law) Benjamin Biolay, she gushes in praise of love and the moment.

    "Tu Es Ma Came" "You are my drug. More lethal than heroin from Afghanistan and more dangerous than Colombian white," breathes Ms. Bruni on a bluesy little ditty that has upset Colombia's foreign minister, even though the South American country is still the world's largest producer of cocaine. Perhaps he was just defending the national product from Ms. Bruni's assertion that love was more addictive?

    The song is said to have been written about Mr. Sarkozy. Before she began dating him, she had expressed a desire for a man "with nuclear power."

    "Salut Marin" A gently plucked "au revoir," washed with "Betty Blue" harmonica and dedicated to Bruni's brother, Virginio, who died last year. She also has a sister, actress and director Valeria Bruni, who is critical of Mr. Sarkozy's politics.

    "Ta Tienne" A flirtatious burst of flute opens this Latin-inflected declaration of love: "I, who used to make men dance, I give my whole self to you."

    Since her 2002 debut, "Quelqu'un m'a dit," Ms. Bruni has established a vocal style that sardine-packs syllables into lines, running lyrical rings around her subjects without getting out of breath. Here she has fun playing with an impassioned "ta-ta-ta-ta tienne," which provides a new take on the phrase "Je suis à toi" ("I'm yours") by using a formula unknown in the French language: "Je suis ta tienne" ("I'm your yours").

    "Péché d'envie" A pretty little song about envy. A recent book about Ms. Bruni and Mr. Sarkozy's whirlwind three-month romance, by respected journalists Yves Azeroual and Valerie Benaim (sanctioned by Ms. Bruni), describes a scene in which the former Guess Jeans model pointed at the double bed in the Elysée Palace before turning to female Justice Minister Rachida Dati, who is single, and snarling: "You'd have loved to occupy it, wouldn't you?"

    "You Belong to Me" This Bob Dylan cover isn't Ms. Bruni's first time singing in English. On her last album, "No Promises," she set poems by W.B. Yeats, Emily Dickinson, and Dorothy Parker to music. Born in Italy and raised in France by her concert pianist mother and industrialist/composer father, she is trilingual.

    "Le Temps Perdu" Pavement café swing abounds here, as Ms. Bruni offers a lover cherries and roses, asking "make time for the gentle things..." She has said she hopes to cultivate a deeper love of culture in her tele-addict husband, whose musical tastes stop at Elvis Presley and his French equivalent, Johnny Hallyday.

    "Déranger Les Pierres" There are shades of "The Windmills of Your Mind" in this slightly trippy and retro harp-backed ballad. Ms. Bruni's sultry delivery is in the breathily girlish soft-core tradition of Jane Birkin. The lyrics about mixing up rocks sound a bit, well, stoned.

    "Je Suis Une Enfant" She may have inherited a tire manufacturing fortune, proved a true professional in the tantrummy world of modeling, made millions of her own, given birth to a son, and dated some of the world's most famous men but, "despite her 40 years and 30 lovers," Ms. Bruni still sees herself as a child. "I turn my back on time," she croons to a Schumann tune, "hair and skirt in the wind." Le Figaro's critic thought this was the album's best track and praised Ms. Bruni's "dense and fragile voice."

    "L'antilope" "The future is unclear and the past is troublesome," sings Ms. Bruni, but the bouncy mandolin riff and breezy delivery says, "je ne regretted rien."

    "Notre Grand Amour Est Mort" "Our great love is dead"? Surely it can't all be over for the couple who only married in February. Probably not, although Ms. Bruni still publicly disagrees with many of Mr. Sarkozy's policies, particularly the mandatory DNA testing of immigrants.

    "Il Vecchio e il Bambino" Last year, Mr. Sarkozy called on the European Union to study "the possibility of taxing imports from countries that do not respect the Kyoto Protocol" ― the international agreement to limit greenhouse gas emissions. This murky and moving cover of a Francesco Guccini song describes an old man telling a child of the grass fields that have now been replaced by smoking factories.

    Creative Commons License
    This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


    カーラ・ブルーニ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

    芸術的に成熟した完ぺきな傑作

    2008.07.08 Tuesday 23:15
    0
       「芸術的に成熟した完ぺきな傑作」というフィガロ紙の評価を、わたしは信じます。洞爺湖サミットに同行しなかった、ファーストレディと批難できましょうや。わたしはカーラ・ブルーニさんがレコーディングを選んで、出席をしない理由と公言してもらう方がよりいっそう好きになりそうです。

       naiveレコードも、発売を10日早めて下さいました。非難や称賛、注目されている時だからこそ、音楽のメッセージが記憶にとどめられるでしょう。
       個人に主軸を置く、フランス人とはそういうものだという感想もブログに書かれているのをお見かけいたしましたけれども、あるいはファーストレディとして云々という言葉の裏にこそ、色眼鏡で見ているのではないかしら。

       3枚目となるニューアルバム『Comme Si De Rien N'Etait』は、11日にフランス及び欧州各国で発売される。自分の耳で、自分の心で、カーラ・ブルーニさんの音楽を、わたしは裸で受け止めます。

      icon
      icon
      Comme Si De Rien N'etait U.S.A.盤CD
      icon

      Creative Commons License
      This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


      カーラ・ブルーニ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

      カーラ・ブルーニさん通信(第3.5回)洞爺湖サミット同行をキャンセル

      2008.07.03 Thursday 00:39
      0
         夕方のニュースが功を奏したのでしょうか。なぜか一年前のAFPニュースのアクセスが集まったようです。あらためていろいろな方のブログで紹介されてもいるようです。いくつかの記事を拝見してみましたところ、カーラ・ブルーニさんへの認識がちぐはぐで関心を持って読ませていただきました。
         わたしと同様に、セシリアさんとは離婚されているのにこのニュースが注目されていることが不思議だと書かれている記事もありました。
         元夫人セシリアさんが、アコースティック・ギターを持って歌っていらっしゃって、レコーディングの詰めでサミットに来られないのではないかと解釈されていらっしゃる様に思われる記事もございました。

         ニュース配信をブログに引用される時、月日だけではなく今年でないことを確認しなければいけないと学ばせていただきました。
         今回ばかりは、カーラ・ブルーニさんに絡むことでもありましたが、そうでなければわたしも誤解したまま記事していたかもしれません。先々それを知識として誤らせることになったらと怖い思いになりました。今年、ウィキペディアの記載にあることを、新聞記事にしていたという残念なこともありました。ウィキペディアも個人の書き込みでできあがっていくインターネット上の情報スペースです。海外の多くの方のようにほかと比べることなく事典という言葉に、それだけを信じてしまわれるのかしら。辞典ではなくて事典となっておりますのに。



         やはりニュース報道のくい足りなさを感じたのは、思わぬ体験となりました。わたしのブログに、御存知のことと異なるものを目にされた時には、遠慮無くご教示賜りますようお願いいたします。今日もブログのつながりに感謝いたします。


         先ほどの記事をアップした後にご訪問下さいました。Paseri様には感謝いたします。先の記事で、サミットが行われる北海道洞爺湖に大統領のパートナーさんが参加されないのは、理由があるのかと記事を閉じました。Paseri様のブログ「北国レポートFrom北海道(http://kitaguni-report.livedoor.biz/)」の7月3日付記事でお勉強させていただきました。
         Paseri様、さっそくご訪問いただきましてありがとうございます。
         トラックバック、コメントをいたしたかったのですけれども、あし@だけが窓口のようですね。この記事をアップ後にごあいさつさせていただきます。

         恐縮ながら、記事内容を加筆、変更なしで引用させていただきます。

        --------- ここから ----------------------
         世界のG8首脳が一同に会しての北海道洞爺湖サミットの開催も、いよいよ後5日となりましたが、各国首脳の警備や救急救命に携わる関係者はサミット主会場の洞爺湖周辺に発生する霧や雲の発生に気をもんでいます。

         首脳の移動はヘリコプターが中心となりますが、霧が出ると陸路での移動となり、警備体勢などを急遽変更をしなければならなくなります。霧や雲の発生は予測が難しく、関係者にとっては頭の痛い心労の種となっているようです。

         札幌管区気象台によりますと、夏の北海道の太平洋側の気象状況は南からの暖かい風が冷たい親潮に冷やされ霧や雲が発生しやすく、洞爺湖近辺も特に6月から7月にかけて朝霧が発生しやすいとのことです。さらには標高約600mの山頂にあるサミット主会場のザ・ウインザーホテル周辺は、山の斜面に沿って吹き上がる空気が冷やされ、霧などが発生しやすくなるといいます。

         ヘリが使えないと首脳らの移動は道央自動車道などの陸路となり、警備や首脳らに万一のことがあった場合の救急医療態勢は陸路も想定していますが、霧がいつ発生するかの予測は難しいこととなります。

         主会場に向けて離陸したヘリが空港などへ逆戻りするようなケースも考えられ、常に陸と空の2つのルートに備えなければならず、関係者の負担も増えることとなります。また、首脳の移動に伴う道央自動車道などの通行止めで、道民の生活にも影響が出る可能性もあります。
        ------------------- ここまで ---------------------
         警備の心配が大きな理由であったならば、会場で迎える準備に励んでいらっしゃるホテルの皆様には気の毒でしょうがありません。直前でわかった問題ではないでしょうに。
         サミット会場はどのような手順を踏んで決められているのかしら。


        Creative Commons License
        This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


        カーラ・ブルーニ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

        カーラ・ブルーニさん通信(第3回)洞爺湖サミット同行をキャンセル

        2008.07.02 Wednesday 21:45
        0
          【7月1日 AFP】フランスは1日、スロベニアを引き継いで欧州連合(EU)の議長国に就任した。任期は半年。

           30日には正式な議長国交代の式典が開催され、同日夜にはエッフェル塔(Eiffel Tower )が青色の背景に金色の星をあしらった「ユーロカラー」にライトアップされた。1日にはパリ(Paris)の凱旋門で式典が行われることになっている。



           ニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)仏大統領は30日、フランステレビのインタビューに答え、欧州統合プロセスにおけるリスボン条約(Lisbon Treaty)批准の重要性を強調した。

           サルコジ大統領は「これまでの欧州統合プロセスに向けた手段には誤ったものもあった」と認め、「これにより、加盟国の市民は、EUがグローバル化から彼らを十分に保護してくれるものなのか疑念を持ち始めてしまった」と語った。しかしこうした考えは「後ろ向きだ」として、「欧州統合への道のりを大幅に変える必要がある」との認識を示した。

           サルコジ大統領はEUをより強力な統一に導く熱意を示しているが、6月にアイルランドが国民投票でリスボン条約の批准を否決したことでEU改革に向けた動きは行き詰まりをみせている。この事態についてサルコジ大統領は、議長国としての最優先課題はリスボン条約を批准しない動きをアイルランドに封じ込めることだと語り、EU加盟国全てがリスボン条約の批准する必要があると力説、全加盟国がリスボン条約を批准するよう積極的に働きかける姿勢を示した。

           サルコジ大統領は「我々は急いではいけないが、同時にあまり時間もない」と述べ、EU加盟各国に2009年6月の欧州議会議員選挙までにリスボン条約を承認するよう求めていく考えを示した。

           サルコジ大統領は、EUは日常の政策課題に取り組むべきだと強調しており、原材料価格の高騰に対応するため欧州全域でのレストラン料金や石油製品にかかる付加価値税減税提案している。これに対しEU各国首脳は冷淡な反応を示しているが、欧州委員会(European Commission)は提案を検討することで合意し、サルコジ大統領は10月に報告書を提出することになっている。

           フランスはEU議長国として移民、防衛、エネルギーと環境、農業の4つをEUの優先課題に掲げている。サルコジ大統領は10日に、仏東部ストラスブール(Strasbourg)の欧州議会で演説し、優先課題を示すことにしている。

           翌11日にはアイルランドを訪問し、アイルランド国民の意見を直接聞く意向だ。EU首脳は、10月の欧州理事会でアイルランドのブライアン・カウエン(Brian Cowen)首相から状況説明を受けたうえで、リスボン条約について再度、協議することにしている。

           また13日にはイスラエルやアラブ諸国を含む地中海沿岸諸国と欧州各国の協力関係の強化を目的としてサルコジ大統領が提唱した地中海連合(Mediterranean Union)も発足する。(c)AFP/Carole Landry



           午後6時。夕食の支度に取りかかった時、カーラ・ブルーニさんのニュースが届いた。洞爺湖サミットに同行しないそうです。レコーディングが詰めに入っているからでしょうと、ニュースは締められましたけれども、煮え切らないニュースでした。イタリア大統領夫人や、ドイツ大統領のパートナーなど3名も欠席されるそうです。
           これは怪獣が現れるからと、冗談で締めくくってはいけないようにも感じてはおりますが・・・
           ロシアの大統領夫人はお茶会の稽古をなさっているとか、裏に何もないことを願います。主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)は7日から行われます。



           30年ぶりに大怪獣ギララが襲ってきます。映画「ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一髪」は7月26日公開です。

          Creative Commons License
          This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


          カーラ・ブルーニ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

          カーラ・ブルーニ通信(第5回) スナイパー!?帰国直前に銃声

          2008.06.25 Wednesday 21:11
          0
             要人が交いしているところで発砲音がすれば、スナイパーかと思ってしまいました。そのまま飛行機が発つことなく、いったんは飛行機に避難をしただけで、式典は再開されていますから、警備中の警察官に当たったというわけでもなさそうですね。

             どうして自殺したのだろう。

             イスラエル大統領が立っていた場所からおよそ200メートルの近さで起こった異常事態。



             促されて機内へ向かうカーラ・ブルーニさんは、覚悟が出来ていらっしゃるのでしょうね。落ち着いているように見えます。

             わたしのようにのんきってことはないでしょうから。


            Creative Commons License
            This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


            カーラ・ブルーニ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

            メールアドレスを入力してください:

            配信: FeedBurner