Movie | クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

http://amadeusrecord.net/
アマデウスレコードのサイトは上記アドレスへ移行しています。
音楽をキアロしませんか?
クラシック音楽に限りません。
音楽についてのあなたの謎を教えて下さい。

今日の売れ筋アイテム

大事な時間だからこそ怯えて暮らしていたくない。

2010.02.16 Tuesday 05:30
0


     あなたは冬季オリンピックを観て夢を思い描いていますか。わたしはアカデミー賞受賞作品を観て女に必要な強さを感じたところです。


     月曜日の夜からNHKのBSは、アカデミー賞受賞映画の特集になっています。今年は冬季オリンピックの関係もあって、授賞式の開催が繰り上がったのですけれども良い映画ばかりを放送しているというのにもったいない感じもします。 スポーツに関心のない視聴者には、良い機会かも知れません。

     今夜は1942年度アカデミー賞受賞作品の「ミニヴァー夫人」でした。 監督はウィリアム・ワイラー。脚本は、「心の旅路」の作者、ジェームズ・ヒルトン。 アメリカMGMの作品ですけれども、イギリスの田舎町に住む一般的な女性の日常を淡々と描いています。「ガス灯」は素敵な映画よと母に教わっていたので、「心の旅路」などはタイトルにも惹かれて好みの映画でした。内容は良く把握できていない面もあります。

     「ミニヴァー夫人」は第二次世界大戦中の物語で、イギリスはヨーロッパに海峡1つ隔てているだけですから戦闘機が直接、空襲に向かっていたんですね。出撃の時に友達の家の近くを飛ぶ時には、戦闘機のエンジンを噴かせて合図をするという場面があります。

     日本でも同じようなことがあったそうです。熊本の東雲楼は、とても有名な遊郭でした。わたしもゆかりがあるので昔話を聞かせていただくこともあります。もし、今でも東雲楼があったのなら働いていたことでしょう。 神風特攻をされる若い兵隊さんが必ず夜を過ごされたと言います。そして出撃で鹿児島の知覧に集合されるのですけれども、その前に東雲楼の上空を何度も旋回したり、羽根を振って合図をされてから向かわれたと言います。

     この映画「ミニヴァー夫人」では、空を飛ぶ飛行機の爆音に耳を懲らすシーンが度々登場します。わたしも小さい頃は旅客機の音を追っかけていたものですけれども、いつしか余り気にかけなくなったのは少し寂しい感じがします。この映画の中でも、次第に戦闘になれていく様子が描かれていて、地下壕の中で爆音、爆撃の音がしているのに編み物をしているミニヴァー夫人の様子には怖いものさえ感じました。 子どもが泣き出して我に返るんだけれども、地下壕の中でじっと子どもを抱きしめている以外に出来ることはないですよね。

     第二次世界大戦中にはたくさんこうした映画が作られました。 銃後映画と訳することもある、ホーム・フロント映画の代表作です。 海峡を越えてやって来た兵士が、夫人を脅かす場面では冷静に電話で警察に通報したりと家庭を守る女に強く暮らすように言っているようです。

     爆音のしない時に、女性たちが着飾ってパーティを開いたり楽しんでいるのは日本では公には出来なかったことでしょう。

     地下壕を出て、爆撃の跡が残る家で無事だったピアノを弾く少女が演奏したのはメンデルスゾーンの「結婚行進曲」でした。

     「大事な時間だからこそ、おびえて暮らしていたくない。」・・・印象的なメッセージです。

     戦意高揚のための映画ですけれども、たくさん作られた中でも戦争の場面を他のものに置き換えてみることも出来るようなこの映画、言いたいことは何なのでしょう。少女がピアノを聞かせたあとでミニヴァー夫人が言った言葉は、色々ととらえることが出来そうです。

     映画にはこれといった終局はなくて、教会で詩編91番が読み上げられた後エンドロールにエルガーの「威風堂々第1番」が流れます。 でもピアノで少女が演奏した、結婚行進曲の方がとても印象的ではないかしら。[ JUGEMテーマ:映画音楽 ]

    ファーストトレーディング
    (2006-12-14)
    コメント:ホーム・フロント映画の代表作。1942年度アカデミー賞受賞作品。第二次世界大戦中のイギリスに暮らす一女性の日常を描いています。ヨーロッパと海峡1つを隔てているだけだと、兵士が渡ってくるだろうから怖いと感じさせる場面があります。

    ワーナー・ホーム・ビデオ
    (2006-02-03)
    コメント:2006年。同じ映画がいくつものビデオメーカーから発売されるようになりました。本家は秘蔵映像を加えることで頑張っています。

    コロムビアミュージックエンタテインメント
    (2004-03-03)
    コメント:サウンドトラック盤だとテーマ曲はエルガーの「威風堂々第1番」となってます。映画を観ていて印象に残る曲って時としてサウンドトラック盤では聴けないことがあってレコードやCDを買って思っていたものでないことが良くありますね。

    Creative Commons License
    This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


    Movie | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

    パトリオット・ゲーム

    2009.12.27 Sunday 02:05
    0
      コメント:トム・クランシー原作の、ジャック・ライアンシリーズの第2弾。楽しめる部分は多いんだけれども、観ていて流れが見えなくなってしまいます。上映時の制約もあっただろうし、シリーズをまとめて鑑賞した方が良いと思える作品。

      コメント:トム・クランシーという作家を初めて知った映画。公開時には潜水艦の映画が色々あってどれが何か分からない状態でした。テレビ放送を数年後に見て面白さを感じた映画の一つになりました。

      コメント:007シリーズのようになるのかしらと思っていたけれども、ジャック・ライアンという名前。印象が薄くなってしまいました。

       
       夜遅くになって帰宅して、お風呂に入って軽い食事をしながら深夜の映画を観る習慣が付いてどのくらいになるのでしょう。 
       疲れていて途中で寝てしまっていたり、思いがけなく面白い作品とめぐり逢う機会もあるのが深夜の映画劇場。キー局の放送や、BS番組は調べ直すことが出来ますけれども、ローカル地上波だとわかりにくい。タイトルぐらいで詳細が記載のないことも多い。 
       5年ほど前までは、細かな出来事まで書き留めるようにしていたのがいつしかお座なりになっていました。 
       全てとは行かないまでも、オリジナル上映時のPosterなどとあわせてスクラップを始めることにしました。[ JUGEMテーマ:今日見たテレビの話 ]

       2009年12月27日日曜日、午前2時05分、TKUテレビ熊本オンエア。
      映画深夜鑑賞 パトリオット・ゲーム・Patriot Games

      原題 : Patriot Games 
      製作年 : 1992年 
      製作国 : アメリカ 
      配給 : パラマウント=UIP配給 
      (本編:117分) 
      テロ事件に居合わせた元CIAアナリストがテロリストと激しい闘いを繰り広げるアクション。「レッド・オクトーバーを追え!」に続くジャック・ライアン・シリーズ第2弾。監督は「ブラインド・フューリー」のフィリップ・ノイス、製作はメイス・ニューフェルドとロバート・レーメ、エグゼクティヴ・プロデューサーはチャールズ・H・マグワイアー、トム・クランシーの同名小説を「ハートブルー」のW・ピーター・イリフと「ミッシング」のドナルド・スチュワートが脚色、撮影は「フィールド・オブ・ドリームス」のドナルド・M・マッカルパイン、音楽は「ロケッティア」のジェームズ・ホーナーが担当。 

      監督 
      Phillip Noyce フィリップ・ノイス 
      製作 
      Mace Neufeld メイス・ニューフェルド 
      Robert Rehme ロバート・レーメ 
      製作総指揮 
      Charles H. Maguire チャールズ・H・マグワイアー 
      原作 
      Tom Clancy トム・クランシー 
      脚本 
      W. Peter Iliff W・ピーター・イリフ 
      Donald Stewart ドナルド・スチュワート 
      撮影 
      Donald M. McAlpine ドナルド・M・マッカルパイン 
      SFX 
      Norma Moriceau ノーマ・モリソー 
      音楽 
      James Horner ジェームズ・ホーナー 
      美術 
      Joseph Nemec 3 ジョゼフ・ネメック3世 
      編集 
      Neil Travis ニール・トラヴィス 
      William Hoy ウィリアム・ホイ 
      キャスト(役名) 
      Harrison Ford ハリソン・フォード (Jack Ryan) 
      Anne Archer アン・アーチャー (Cathy Ryan) 
      Patrick Bergin パトリック・バーギン (Kevin O'Donnell) 
      Sean Bean ショーン・ビーン (Sean Miller) 
      Thora Birch ソーラ・バーチ (Sally Ryan)

      Thora Birch

       17歳の時の「アメリカン・ビューティー」でゴールデン・グローヴ賞の候補になった時が一番輝いていた時でしょうか。ジャック・ライアンの娘役で一段ステップを踏み上げたという感じだったソーラ・バーチさん。1982年生まれなので、「パトリオット・ゲーム」出演時は12歳。現在27歳。可愛い子役の時も、何処か思慮深そうな表現をしているところがあったし吹っ切れる何かを見つければ、賞を手にすることも出来るのではないかしら。

      Thora Birch

      Creative Commons License
      This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


      Movie | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

      メールアドレスを入力してください:

      配信: FeedBurner