JAZZ 名曲を聴く | クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

http://amadeusrecord.net/
アマデウスレコードのサイトは上記アドレスへ移行しています。
音楽をキアロしませんか?
クラシック音楽に限りません。
音楽についてのあなたの謎を教えて下さい。

今日の売れ筋アイテム

桜の季節に、今宵も心地良いジャズを THE POLL WINNERS:STAIN DOLL

2010.03.27 Saturday 16:37
0
    BARNEY KESSEL WITH SHELLY MANNE AND
    LONEHILLJAZZ
    (2009-09-06)
    コメント:コンテンポラリーからリリースされた1957年3月18,19日録音の”The Poll Winners”、58年8月19,21日録音の”The Poll Winners Ride Again”の2枚をCD1枚にまとめてリ・イシューされました。但し79分のCD限界ですからCDプレーヤーとの相性は要注意です。

    Barney Kessel,Shelly Manne,Ray Brown
    Jvc / Xrcd
    (1997-03-25)
    コメント:XRCD盤。シンプルな録音ほど、丁寧にリマスタリングされているので骨太の音が聴けます。部分的なチェックだけでぼやけているギターの音を聴かせてしまっているCDが思いの外多いのはLPレコードの後期からの傾向ではないかしら。

    バーニー・ケッセル,シェリー・マン,レイ・ブラウン
    ユニバーサル ミュージック クラシック
    (2008-04-16)
    コメント:紙ジャケット仕様盤。スタンダード名曲が明るい西海外のサウンドで楽しめます。ぎらぎらとした太陽の季節に聴くよりも、桜の季節に聴くのがふさわしいとわたしは思うレコードです。



    猫のイラストをアイコンに使っている Twitter ユーザーさん @sokobouzu (東京の atuki さん)との新しい出逢いがありました。桜の季節は、少しセンチな気持ちが残る旅立ちと出逢いがブレンドされて不思議な心地よさもあります。
    さて「猫」の写真やイラストをアイコンや、アバター、プロフィール画像に使われている方は多くいらっしゃいます。時にはどれがどなたかわからなくなって、失礼な言葉を伝えたりしてしまっています。でも今日のatukiさんなら大丈夫、間違いません。だってシェリー・マンの「MORE SWINGGING SOUNDS (コンテンポラリー C3519)」のジャケットデザインをアイコンにされています。ジャズのレコードの中でも特に有名なイラストの一枚です。白い部分が多いのですれているのが目立つのですけど、状態が良ければ2万円までは確実。レコード盤の状態よりも、ジャケットの状態が重要視されるタイプかも知れません。
    クラシックとは違って、新しいイラストレーターを売り出すキャンバスになっていたのかも知れませんね。

    さて、@sokobouzu さんとの Twitter でのやりとりをそのまま引用した方が話は分かりやすいかも知れません。

    sokobouzu
    シェリー・マンです。My fair lady からはまりました。Black Hawkのライブ盤は好きでよく聴きます。twitterで「2・3・4」も教えてもらいました。JAZZも詳しいんですか?

    kobato
    60年代、70年代80年代お任せ下さい。

    sokobouzu
    話が合いそうですね。私も60年代のロックが得意分野です。

    kobato
    フォローしました。話は合うと思いますよ。身体もあわせに来て下さいね。

    sokobouzu
    フォローありがとう。ところでアイコンの絵でシェリーマンと分かったんですか? 今はRy Cooder の「Paradaise and Lunch」を聴いてます。

    kobato
    シェリーマンを聴くならポール・ウィナーズが心地良いです。BARNEY KESSEL WITH SHELLY M... の 'THE POLL WINNERS+THE POLL WINNERS R' を Amazon でチェック! http://bit.ly/caD6eW

    sokobouzu
    ジャケットがちょっと陽気な感じのアルバムですよね。たしかベースがRay Brownだったような。ポール・ウィナーズ聴いてみます。

    sokobouzu
    どうもありがとう。早速聴いてみますね。お勧めあれば是非教えて下さい。

    ドラマーのシェリー・マンは華やかなドラミングのスタイルではなくて、クールな存在です。丁寧で正確なところにマレットがアクセントを入れる瞬間が素敵なんです。AKGのマイクが正確にその音を捉えていることも効果を上げているのでしょう。コンテンポラリー・レーベルの録音はみんな優秀録音。録音技術を試す様な、面白い試みも少なくありません。
    シェリー・マンの名盤と言われる1枚に、「ポール・ウィナーズ」のシリーズがあります。バーニー・ケッセルのギター、レイ・ブラウンのベースにシェリー・マンのドラムというギター・トリオの録音。管も入っていないし、ピアノレスのいわゆるリズム隊とジャズでは言われる編成。そのような編成で、4枚のアルバムがヒットしています。評判が高いのはジャズっぽさが聴きようでは意識しないで楽しめるからかも知れません。
    若いリスナーはジャズ・アルバムとしてではなくて、何かの機会に1曲、2曲を聴いてからアルバムを手にしているのではないかしら。
    録音に興味のあるオーディオ・ファイルには、ギターとドラムという難しいセッティングを鮮烈に録れていることが面白いのでしょう。
    音楽のジャンルを定めないで、多くの音楽好きに楽しんでもらいたいシリーズです。[ JUGEMテーマ:春にぴったりな音楽を教えて! ]
    Creative Commons License
    This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


    JAZZ 名曲を聴く | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

    ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビーを聴きましょう。

    2010.03.04 Thursday 14:10
    0
      ビル・エヴァンス,スコット・ラファロ,ポール・モチアン
      コメント:ワルツ・フォー・デビーにはビル・エヴァンス自身でもたくさんのバージョンがCDとなって発売されています。そして録音日が違うわけではない子のアルバムも何種類も出ていて、それを聞き比べるとあれれと思うことでしょう。クラブでの録音のようなのに実のところ違うのかも。

      ユニバーサル ミュージック クラシック
      コメント:ジャケット違いではなくて、こちらも本命盤。スウェーデンの歌姫モニカとの共演盤。ビル・エヴァンスの演奏が歌の伴奏だからと言って違った味を出そうとしていないところに、ムードに動かないピアニストだったのではないかと思わされています。SHM-CD

      コメント:ショパン、シューマンと会わせてビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビーを選曲していることに違和感のない録音。なおさらにエヴァンスというピアニストは、推敲の先に鍵盤に指をおろしていたのではないかと思うのです。

       春3月。女の子の節句がある桃色の季節にぜひとも聴きたくなるのが、ビル・エヴァンス。 
       名曲“ワルツ・フォー・デビー”を聴くと、何故かわたしは高校卒業の日の親睦会の夜を思い出してしまいます。[ JUGEMテーマ:モダンジャズ ] 


      3月17日、45回転アナログ盤が発売!!ビル・エヴァンス - Riverside Recordings


       3月17日。“ムーンビームス”、“ワルツ・フォー・デビー”と言ったRIVERSIDEから発売された11タイトルが、22枚組でプレスされました。 

       45回転アナログ盤です。アルバムによっては、2枚組4面にカッティングされることになります。中でも10分ほどの曲を片面に1曲だけカッティングされていたりと、高音質が明らかに聴き取れるでしょう。 
       プレスはドイツで、180グラムの重量盤。 
       全世界で1,500セットの限定生産です。恐らくこの半分近くは日本で売れてしまうことでしょう。ビル・エヴァンスが好きな人だけではなくて、ジャズ、クラシックでも愛好家はいらっしゃるはず。せっかくの機会ですから案内します。 
       興味のある方は、コメント下さい。 

       リイシュー・レーベルからの案内は以下の通りです。 

      Here it is: THE Audiophile Jazz Fan's Box Set To End All Box Sets - All Of Bill Evans Riverside Releases Cut at 45 RPM PLUS The Cannonball Adderley Know What I Mean? Release For Which Evans Was Such An Important Contributor.

      Of everything Analogue Productions has reissued, nothing has come close in sales or accolades to the 45-RPM versions of Bill Evans titles from his Riverside catalog. And now we've compiled all of them into one irresistible box set package. Includes facsimiles of each original jacket along with an 18-page booklet detailing Evans' career and Riverside era.

      Titles Included: New Jazz Conceptions, Everybody Digs Bill Evans, Portrait In Jazz, Explorations, Sunday At The Village Vanguard, Waltz For Debby, Moonbeams, Know What I Mean?, Interplay, How My Heart Sings! and At Shelly's Manne-Hole.

      Limited to 1,500 numbered copies. Pressed on 180-gram vinyl at Pallas in Germany.

      icon icon
      Everybody Digs Bill Evans 
      Side 1 
      1. MINORITY (5:20) (Gigi Gryce) 
      2. YOUNG AND FOOLISH (5:48)(Horwit-Hague) 
      Side 2 
      1. LUCKY TO BE ME (3:35)(Comden, Green-Bernstein) 
      2. NIGHT AND DAY (7:12)(Cole Porter) 
      3. EPILOGUE (:38)(Bill Evans) 
      Side 3 
      1. TENDERLY (3:29) (Walter Gross) 
      2. PEACE PIECE (6:37)(Bill Evans) 
      Side 4 
      1. WHAT IS THERE TO SAY? (4:49)(Harburg-Duke) 
      2. OLEO (4:04)(Sonny Rollins) 
      3. EPILOGUE (:38)(Bill Evans)

      icon icon( SACD )
      Explorations 
      Side 1
      1. ISRAEL (6:08)(John Carisi) 
      2. HAUNTED HEART (3:25)(Deitz-Schwartz) 
      Side 2 
      1. BEAUTIFUL LOVE (5:03)(Gillespie-King-Van Alstyne-Young) 
      2. ELSA (5:05)(Earl Zindars) 
      Side 3 
      1. NARDIS (5:48)(Miles Davis) 
      2. HOW DEEP IS THE OCEAN? (3:30)(Irving Berlin) 
      Side 4 
      1. I WISH I KNEW (4:39)(Gordon-Warren) 
      2. SWEET AND LOVELY (5:50)(Arnheim-Tobias-Lemare) 

      icon icon( SACD )
      Portrait In Jazz 
      Side 1 
      1. COME RAIN OR COME SHINE (3:17)(Mercer-Arlen) 
      2. AUTUMN LEAVES (5:22)(Mercer-Kosmo-Prevert) 
      Side 2 
      1. WITCHCRAFT (4:30)(Leigh-Coleman) 
      2. WHEN I FALL IN LOVE (4:50)(Heyman-Young) 
      3. PERI’S SCOPE (3:11)(Bill Evans) 
      Side 3 
      1. WHAT IS THIS THING CALLED LOVE? (4:33)(Cole Porter) 
      2. SPRING IS HERE (5:01)(Rodgers & Hart) 
      Side 4 
      1. SOME DAY MY PRINCE WILL COME (4:48)(Morey-Churchill)a 
      2. BLUE IN GREEN (5:18)(Davis-Evans) 

      icon icon
      At Shelly’s Manne-Hole, Hollywood 
      Side 1 
      1. ISN’T IT ROMANTIC (4:34)(Rodgers, Hart) 
      2. THE BOY NEXT DOOR (5:14)(Youmans, Harbach, Greene) 
      Side 2 
      1. WONDER WHY (5:05)(Brodszky, Cahn) 
      2. SWEDISH PASTRY (5:35)(Barney Kessel) 
      Side 3 
      1. OUR LOVE IS HERE TO STAY (4:41)(G & I Gershwin) 
      2. ‘ROUND MIDNIGHT (8:50)(Monk, Williams) 
      Side 4 
      1. STELLA BY STARLIGHT (4:50)(Young, Washington) 
      2. BLUES IN “F” (5:05)(Chuck Israels) 

      icon icon
      How My Heart Sings! 
      Side 1 
      1. HOW MY HEART SINGS (4:56)(Earl Zindars) Zindars Publ. Co.-BMI 
      2. I SHOULD CARE (4:53)(Cahn-Stordahl-Weston) Cahn Music/Hanover Music/Stordahl Music-ASCAP 
      Side 2 
      1. IN YOUR OWN SWEET WAY (6:57)(Dave Brubeck) Derry Music Co.-BMI 
      2. WALKING UP (4:54)(Bill Evans) TRO-Acorn-BMI 
      Side 3 
      1. SUMMERTIME (5:56)(Gershwin-Heyward-Gershwin) Chappell& Co., Inc./Gershwin Publ.-ASCAP 
      2. 34 SKIDOO (6:19)(Bill Evans) TRO-Acorn-BMI 
      Side 4 
      1. EV’RYTHING I LOVE (4:11)(Cole Porter) Chappell Music-ASCAP 
      2. SHOW-TYPE TUNE (4:23)(Bill Evans) TRO-Acorn-BMI
       
      icon icon
      Interplay 
      Side 1 
      1. YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC (7:03)(Dietz-Schwartz) (ASCAP) 
      Side 2 
      1. WHEN YOU WISH UPON A STAR (5:42)(Washington-Harline) (ASCAP) 
      2. I’LL NEVER SMILE AGAIN (6:30)(Ruth Lowe) (ASCAP) 
      Side 3 
      1. INTERPLAY (8:11)(Bill Evans) (BMI) 
      Side 4 
      1. YOU GO TO MY HEAD (5:02)(Gillespie-Coots) (ASCAP) 
      2. WRAP YOUR TROUBLES IN DREAMS (6:24)(Moll-Koehler-Barris) (ASCAP) 

      icon icon
      Moonbeams 
      Side 1 
      1. RE: PERSON I KNEW (5:42)(Bill Evans) TRO-Acorn-BMI 
      2. POLKA DOTS AND MOONBEAMS (4:57)(Burke-Van Heusen) Bourne Co./Music Sales Corp.-ASCAP 
      Side 2 
      1. I FALL IN LOVE TOO EASILY (2:39)(Styne-Cahn) SBK Feist Catalog-ASCAP 
      2. STAIRWAY TO THE STARS (4:48)(Parish-Malneck-Signorelli) SBK Robbins Catalog-ASCAP 
      Side 3 
      1. IF YOU COULD SEE ME NOW (4:24)(Dameron-Sigman) SBK Robbins Catalog-ASCAP 
      2. IT MIGHT AS WELL BE SPRING (6:03)(Rodgers-Hammerstein) Williamson Music ASCAP 
      Side 4 
      1. IN LOVE IN VAIN (4:56)(Kern-Robin) T.B. Harms, Inc.-ASCAP 
      2. VERY EARLY (5:04)(Bill Evans) TRO-Acorn-BMI 

      icon icon
      Waltz for Debby 
      Side 1 
      1. MY FOOLISH HEART (4:56) 
      2. WALTZ FOR DEBBY (6:54) 

      Side 2 
      1. DETOUR AHEAD (7:35) 
      Side 3 
      1. MY ROMANCE (7:11) 
      Side 4 
      1. SOME OTHER TIME (5:02) 
      2. MILESTONES (6:37) 

      icon icon
      Sunday at the Village Vanguard 
      Side 1 
      1. GLORIA’S STEP (6:05)(Scott LaFaro) Orpheum Music-BMI 
      2. MY MAN’S GONE NOW (6:21)(G. & I. Gershwin) Chappell Music-ASCAP 
      Side 2 
      1. SOLAR (8:51)(Miles Davis) Prestige Music-BMI 
      Side 3 
      1. ALICE IN WONDERLAND (8:32)(Fain-Hilliard) Walt Disney Music-ASCAP 
      Side 4 
      1. ALL OF YOU (8:20)(Cole Porter) Chappell Music-ASCAP 
      2. JADE VISIONS (3:46)(Scott LaFaro) Orpheum Music-BMI

      icon icon
      Know What I Mean? 
      Side 1
      1. WALTZ FOR DEBBY (5:14)
      2. GOODBYE (6:12)
      Side 2
      1. WHO CARES? (take 5) (5:53)
      2. VENICE (2:51)
      Side 3
      1. TOY (5:05)
      2. ELSA (5:48)
      Side 4
      1. NANCY (WITH THE LAUGHING FACE) (4:07)
      KNOW WHAT I MEAN? (re-take 7) (4:55)

      icon icon
      New Jazz Conceptions 
      Side 1
      1. I Love You
      2. Five 
      3. I Got It Bad and That Ain't Good 
      4. Conception 
      5. Easy Living
      6. Displacement
      Side 2
      1. Speak Low
      2. Waltz for Debby 
      3. Our Delight 
      4. My Romance 
      5. No Cover, No Minimum

      ※ジャケット写真は主に、US盤CDとSACDです。中には購入するのに時間がかかるものもあるようです。11タイトルとは言え、人気があって複数盤がまだカタログに生きているものもあれば再プレスされていないものまであるようです。ジャケット写真のリンク先はHMVです。CDの購入の参考にして下さい。
      Creative Commons License
      This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


      JAZZ 名曲を聴く | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

      ジャズ名曲を聴く#1:Gone with the WIND by Dave Brubeck Quartet

      2010.01.14 Thursday 23:30
      0
        コメント:映画「風と共に去りぬ」の主題歌などとの関わりはありません。ニューヨーカーの白人ジャズメンがジャズで表現した、南部アメリカの印象というところでしょうか。1959年の録音ですから、昔の面影も残っていることでしょう。

        ザ・デイヴ・ブルーベック・カルテット
        SMJ(SME)(M)
        コメント:テイク・ファイヴが大ヒット。アルバム初発の時にはTAKE FIVEの文字はありませんでした。ジャズアルバムはヒットするとジャケットデザインが変わってしまいます。

        デイブ・ブルーベック
        イーストウエスト・ジャパン
        ¥ 1,800
        (1998-09-25)
        コメント:ジャズプレーヤーとしてだけではなく、クラシック作曲家としてのブルーベックも面白い。ジャズメンバーで演奏されたストラヴィンスキーみたいな異色作。ジャズファンも知らないレコードではないかしら。

        ジャズ名曲を聴く、第1回は「風と共に去りぬ」。


         デイヴ・ブルーベックと言えば、テイク・ファイヴ、イコール。
        変拍子、5拍子というユニークな発想で、ジャズ・ファンだけでなく音楽好きの全てを魅了してしまった一曲。
         1枚のLPレコードが、一斉を風靡したと言える以上に『ジャズ』を幾段も見直させる音楽にしてしまったのではないかしら。

         ジャズと言えば、パーソナリティ。
         アドリヴも大きい要素ですけれども、誰と誰と誰が演奏で顔合わせしているのかと楽しむことが重要で、取り上げる曲に関しては誰もが演奏しやすいことが大切。耳に親しみのあるスタンダードであったり、ちょうど流行っているヒット曲だったり。
         顔を合わせたばかりで、リハーサル無しで一気にレコーディングしてしまうと言うひらめきと柔軟さがジャズプレーヤーの魅力。ジャズを聴く楽しみですね。
         そのようなジャズの世界に一石を投じた、ブルーベックの『テイク・ファイヴ』。変拍子と言えばクラシックの作曲家では、ストラヴィンスキーが知られているところですけれども、ブルーベックはクラシックの作曲法と即興(アドリヴ)の特筆できるジャズメン。
         5拍子を、3拍子と2拍子で組み立てることでクラシックのなじみのないプレーヤーにも分かりやすい物としてしまっています。


         その『テイク・ファイヴ』を聴くことができるアルバム『タイムアウト』と同じ1959年に録音している、アルバム『ゴーン・ウィズ・ザ・ウィンド』はまた興味つきないレコードです。 トラッドな曲名がずらりと並んでいて、レコードジャケットの写真はアイヴィースタイルでとてもクール。 フォスターの草競馬や、スワニーリヴァーに始まって。ジョージア・オン・マイ・マインド、オールマン・リヴァーと、わたしの好きな曲、母との思い出の曲がおしゃれに品良くジャズに代わっていて『タイムアウト』よりも親しみを感じています。 

         リズム隊に、ワンホーンというところもジャズのスタンダードな四重奏団として味わうのには最適なレコードでした。このようなムードが『アメリカ南部』というものなのでしょうね。

         アナログレコードは CL 1347 のモノーラル盤と、 CS 8156 のステレオ盤が発売されています。ジャケットの写真は、「 2 Eye 360° STEREO 」ラベルで発売されたものです。[ JUGEMテーマ:モダンジャズ ]


        Artist: The Dave Brubeck Quartet

        Title: Gone With the Wind

        Date: 1959

        Label: Columbia Records CL 1347 / CS 8156

        Personal

        • Paul Desmond: alto sax 
        • Joe Morello: drums 
        • Gene Wright: bass 
        • Dave Brubeck: piano


        Track Listing

        Side 1

        • Swanee River 
        • The Lonesome Road 
        • Georgia on My Mind 
        • Camptown Races

        Side 2

        • Camptown Races 
        • Short'nin' Bread 
        • Basin Street Blues 
        • Ol' Man River 
        • Gone With the Wind

        Creative Commons License
        This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


        JAZZ 名曲を聴く | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

        メールアドレスを入力してください:

        配信: FeedBurner