プロポーズ・アゲイン。 | クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

http://amadeusrecord.net/
アマデウスレコードのサイトは上記アドレスへ移行しています。
音楽をキアロしませんか?
クラシック音楽に限りません。
音楽についてのあなたの謎を教えて下さい。

今日の売れ筋アイテム

プロポーズ・アゲイン。

2008.08.14 Thursday 23:45
0
     よい夫検定

     プラチナ・ギルド・インターナショナルの、新しいWebコンテンツです。わたしの好きなプラチナ・ジュエリーの国際的広報機関のプレゼント企画。



     最高の貴金属のプラチナと最高の宝石のダイヤモンドの二連リング、「プラチナ・エタニティリング」をパートナーさんに贈ってさしあげて下さい。


    〜永遠の感謝をプラチナに刻んで〜
    「お仕事、長年お疲れ様でした」と君は言った。
    がんばったのは、僕だけではなかったと、あらためて気がついた。
    結婚してから12075日。一緒に歩いてくれた君に、もう一度、プロポーズしよう。
    いろいろごめん。ありがとう。僕は、君のおかげです。
    プロポーズ・アゲイン



     10の問題に答えていくと、歴史上の偉人に例えた結果が出ます。ご夫婦ぶりが知られた歴史的人物。どんなパートナーを心がければいいのかを読み取る事もできそうです。

     夫という立場がわたしには実感できません。
     それで、わたしはパートナーにこうして欲しい、こういってくれたら嬉しいとわがまま回答で結果を待ちました。

     結果は、緒方洪庵
    良い夫検定

     「人に対して思いやりがあり、愛情深く他人に尽くすタイプのあなた。
      どんな集団でも先生タイプとして慕われている事でしょう。
      ただ、ちょっとお節介で、過保護になりやすいとこともあるので、
      家庭内でのちょっとした事などで奥さまと意見が合わないところもあるかも知れません。
      「過ぎたるは及ばざるがごとし」を気をつければ、あなたはもっと「よい夫」なのです。


     いかがでしょう。この検定結果でも、見抜かれている通り。わたしは凝り性ですから、尽くしますよ。でもわがままですから、パートナーになってくださる時には、寛容の心で見守って下さい。

     緒方洪庵は、幕末の偉人。適塾を作り、福沢諭吉、橋本左内、大村益次郎を輩出しました。蘭学者としての研究は、『病学通論』を出版。自信が8歳の時にかかった天然痘の予防について書いています。

    NHK大河ドラマ「篤姫」第32話 桜田門外の変
    桜田門外の変2

     先日(8月10日)放送されたNHK大河ドラマ「篤姫」のなかで、「一方を聞いて沙汰するな(36分10秒)」と天璋院が言っていますが、緒方洪庵も西洋医学を究めるためにはと、漢方の探求も尽力したようです。西洋の値の張るお薬が手に入れられなくても、漢方に同じ効果を得られるかも知れません。患者さん一人一人にとってなにが良いか、常に考えていらっしゃったという事です。

     洪庵の奥さま、八重さんは塾生の母親のような存在で、1863年に54歳で洪庵が亡くなった後までも、塾生に慕われる女性だったようです。

     わたしもがんがりまーす。





    Creative Commons License
    This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


    幕末と西洋音楽 | comments(10) | trackbacks(1) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

    スポンサーサイト

    2018.01.13 Saturday 23:45
    0
      Creative Commons License
      This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


      - | - | - | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

      コメント

      ゴーヤのお料理法逆に勉強させていただきありがとうございました<(_ _)>クイズ難しいですよ〜〜〜〜

      それよりこの検定当たってますね!でもアマデウスさんわがままなんですね〜(●^o^●)
      | ぷーちん | 2008/08/15 6:49 AM |
      よい夫検定面白いですね。
      尽くす夫、素晴らしい事だと思います。

      よい妻検定あったら、やってみたいですね(笑
      しかし、あまり良い結果は期待できません(苦笑
      | neco | 2008/08/15 11:25 AM |
      ぷーちんさん、食感のお好みがあるでしょうから・・・これがお節介ということかしら。

      クイズ難しくて、大人しい記事の更新が続いているのですか?でも、ぷーちんさんの記事の中でいつも出てくるんですけれど...

      わがまま回答したのが、ジュエリー屋さんの想定にあったのではないかと思います。甘やかされて育ったので、わたしはわがままですよ。ぷーちんさんもわたしに振り回されないようにご用心。
      | アマデウスレコード | 2008/08/15 2:41 PM |
      ジュエリーのPRですから、ある程度結果は予想できそうです。でも、幕末の蘭学者とは、興味深いところです。
      わたしがその時代に関心がある事は、聡明なnecoさんですから、お気づきの事と思います。緒方洪庵は、ほとんどというか、相当脇役的存在にわたしは感じておりました。少し身近になりました。
      こんな遊びでも、未知の事に関心を持つきっかけになるものです。
      ほかにはどういう偉人があるのかたのしみです。

      necoさんは検定各課の如何に関わらず、よい妻です。わたしから認定状をお出しします。
      | アマデウスレコード | 2008/08/15 2:58 PM |
      サルバドール・ダリと出ました。

      それってダリ?なんて言っている場合ではありませんが、根っからの芸術家タイプと言われてもねぇ。

      やっぱり、アマデウスレコードさんは・・・うんうん! 思った通りのお方です (=^..^=)ミャー
      | よしお | 2008/08/15 5:20 PM |
      サルバドール・ダリって、欲しいんですよね。

      北欧デンマークのモデルであるのにも、惹かれます。

      よしおさんは詩人ですよ。

      静岡のお茶でも飲みながら、
      「戦争を知らない子どもたち」を一緒に聴きましょうか。

      よしおさんは、理解が早いから素敵です。

      わたしは良い弟子に、いつまでも慕われてもらえるかしら?
      | アマデウスレコード | 2008/08/15 5:37 PM |
      詩人ですか?
      師匠にそういっていただけると、幸せですがまだまだ修行中の身です。
      今日も、頼まれた原稿を書きながら、ブログのコメントを入れましたが、ちょいと疲れました。

      静岡のお茶は、掛川茶が香り味共に大好きです。川根茶も大好き。夏には水出しで冷茶にしていただきます。

      色々なお話しが楽しみです・・師匠! (=^..^=)ミャー
      | よしお | 2008/08/15 11:40 PM |
      ありがとう、よしおさん。

      今日のコメントには驚かれたことでしょう。アップされた時は想定されていなかったのではないかしら。
      よしおさんの今日の記事は、今日解決できるものではありませんよ。

      表だって書いたり、よしおさんも書かれていたように、「親や体験者が話してくれなかった」通り、語り継いで欲しくはないことを2つだけ書きます。
      母の戦時中の体験談です。

      熊本での空襲が頻繁にあった頃のはなしです。

      母の里は、熊本市電の健軍終点をさらに東に行ったところにあります。戦争中は、市バスは今の水前寺公園のあたりから出ていました。
      母が卒業した女学校は、上通りに今もあります。その間でさえも、空襲が始まるとバスは走りません。

      それぞれの家に防空壕が用意してあったことは、よしおさんも御存知でしょう。空襲がたしかになって、母は道ばたの防空壕に避難を求めて断られます。防空壕に人がいっぱいだったわけでも、全くの見知らぬものだからでもありません。通学路で日頃から親しく交流もあったお宅。防空壕は大きく、その家の家族が入っているだけでした。それでも、入れてもらえなかったのです。わたしが理解できる理由として母が話してくれたのは、防空壕の中には家財道具が避難させてあったからだよ。といって納得させましたが、はたしてどうだったのでしょう。
      わたしはその家の人に問うてみようとは思いません。

      そしてもう一つ。これも映画や体験談でもこれまでわたしは目にしたことがありません。
      授業の代わりに学生もお国のために、働いたことも御存知だと思います。軍の作業を手伝うことはできないとは断れませんよ、授業の代わりなのですから。
      その学労の休憩時間のこと、爆弾がひとつ落ちました。被害もちいさく、作業は続行されました。帰る段になって点呼をすると一人たりない。みんなで探し回ると建物の、壁や屋根に肉片が点々としているだけでした。ほかにはなにも身元を示すものは残っておらずに、これがその一名だと結論する以外ありませんでした。

      わたしの母も逝って、先月初盆をすませましたので、今日だけ記します。

      戦争を考えるのは、終戦記念日を節目にあるものではありませんよね。


      母がこうした話しにくいことを折ある時に伝えてくれたのは、それを問うことではなくて、何れわたしが家庭を守る時の判断の素材とするためだと考えます。あってはならないことですけれども、戦争となった時に日本の地に住んでいながら、始まった戦争を拒否することはできません。今から戦争を始めますって、国民への事前連絡はないでしょうから。

      地球上がひとつの国になっても、地域紛争は起こります。親しい近所づきあいをしていても、争議も起こります。
      どうしたらいいかは、障害わたしにもどうしようもないでしょう。今わたしがすることは、よしおさん、そしてよしおさんのブログにコメント寄せて下さる素晴らしい心あるブログをつないで、できるだけ長くできるだけ遠い時代まで遺ってもらうために、訪問しコメントし検索サイトに記録として残すことです。

      よしおさんには、充分受け止めていただけることだとわたしは感じていますので、コメントへの返事とします。



      わたしも緑茶を水出しにして、涼をとっています。

      よしおさんはとても素晴らしいです。わたしもいろいろ学ばせていただいております。ありがとうございます。
      | アマデウスレコード | 2008/08/16 1:03 AM |
      おはようございます(^◇^)

      昨日もコメントしたのですがへんなとこを押してしまってそしたらもうページが開かなくなってしまったのです(−−〆)

      アマデウスさんはわがままなのですね〜でも私もわがままと言われます(-_-)それと昨日のコメント私が清らかってある意味当たってるかもしれませんね〜だから生きずらいのかもです・・・わんちゃん2匹に守られてるアマデウスさんも清らかだと私は思います(●^o^●)
      | ぷーちん | 2008/08/16 5:58 AM |
      そうですね、少しは世渡り上手にわたしもならなければいけないのですけどね。すぐ「わたしは〜」が出てしまいます。
      全身見ていてもらわないと、身体を揺らしてみたり。
      お行儀よくしなさいと、母に何度言われたか。

      そんな態度は、怖い状況を招き寄せていたこともあるようです。学生時代には近くの男子校で話題になっていたとか。どんな話題だったのかは、伝わっていませんけれどね。
      それでも、直感道理の生き方で今こうしているのは、2匹に護られていると実感があります。

      ぷーちんさん朝のごあいさつ、ありがとうございます。とてもホウッとします。最初はドキドキ初体験だったけれど、良い妖怪と知り合えたなぁ〜、嬉しい。たまには神域から出て正解でした。もうぷーちんさんのブログに決壊をつくったので、ようこのままで伺えそうです。
      | アマデウスレコード | 2008/08/16 9:14 AM |

      コメントする










      この記事のトラックバックURL

      http://amadeusrecord.jugem.jp/trackback/444

      トラックバック

      -

      管理者の承認待ちトラックバックです。
      | - | 2008/09/11 12:00 PM |

      メールアドレスを入力してください:

      配信: FeedBurner