咲いた 櫻 | クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

http://amadeusrecord.net/
アマデウスレコードのサイトは上記アドレスへ移行しています。
音楽をキアロしませんか?
クラシック音楽に限りません。
音楽についてのあなたの謎を教えて下さい。

今日の売れ筋アイテム

咲いた 櫻

2009.01.08 Thursday 23:45
0
     ヨーロッパは広い範囲で大寒波。「雪景色がキレイ」とは、ゆっくりと観光も出来ない状態ではないかしら。
     熊本も冬らしい寒さ、乾燥も心配です。

     ロシアのガスプロムが天然ガスの供給を停止したことも、幼稚園や学校なども休校するほど。生活は大変ですが、気候以上に冬の寒さになおさらに気象問題にも気持ちが及ぶことでしょう。

     東京も雪となっているようです。
     熊本ではまだ、雪の気配は感じられませんが空気が澄んで、乾燥していることは感じられてきました。朝には、雪が見られるかしら。

     夕方に目覚めてから灯油を購入、リッター 61円でした。


     ニュースによると、9日には都心でも大雪による交通障害が懸念されています。

    9日、関東甲信で大雪か=都心も交通障害注意−気象庁

    1月8日18時48分配信 時事通信

     気象庁は8日夕、関東甲信地方では9日の未明から昼前にかけ、山沿いを中心に大雪になる所があると発表した。関東南部の平野部、東京23区でも雪が積もる所がある見込み。同庁は路面凍結などによる交通障害に注意を呼び掛けた。
     この降雪は、低気圧が関東の南海上を北東に進むため。9日午後6時までの降雪量は、多い所で、関東北部と南部山沿い、甲信が20センチ、多摩西部が10センチ、関東南部平野部と多摩北部・南部が5センチ、東京23区が3センチ。



    京都の桜
     今年初めてのさくらです。
     午後に写真が、京都から届きました。
     伏見のデザイナーさんから、「笑顔が一番」嬉しいからと言葉を添えて、贈っていただきました。直接はお会いしていませんけれども、優しい声を本当にありがたいタイミングでかけて下さいます。この桜は一月五日、あるいは六日の撮影だと思います。「会社に向かう途中で撮った」と言うことでした。
     新年からの連夜の仕事で、腰に疲れも感じているところで、同じく三日からのお仕事で、新幹線の中で立ちっぱなしで腰が痛かったとおっしゃっていましたので、わたしの心だけでも和らげようと思われたのかも知れません。わたしにはとってもやさしい思いがこの写真にこめられていると感じられます。ありがとうございます。
     iPhoneで撮影されたものでしょうけれども、素敵に撮影できるものですね。
     背景になっているのは、京都御池中学校だと言うことです。2007年4月に、複合施設として開所したもようです。

    柳池中学校

     御池中学校は、昭和22(1947)年に柳池(りゅうち)小学校から戦後施行された新学制によって変わりました。この柳池小学校は、明治2(1869)年に開校した、日本で一番古い小学校。碑には、「日本最初小学校」とあるようです。
     さくら さくら 弥生の空は 見渡す限り
     霞か雲か 匂いぞいずる いざや いざや 見に行かん

    さくらさくら

     大和田建樹の詩がついて、明治21年10月『東京音楽学校編箏曲集』に納められた、「桜」。
     さくら さくら 野山も里も 見渡す限り
     霞か雲か 朝日ににおう さくら さくら 花盛り
     昭和16年に、こちらに改められ「さくらさくら」として、教科書に載るようになりました。
     明治21年に歌詞がつけられたものですけれども、メロディーは江戸時代からお箏の手ほどき曲『咲いた桜』として広く親しまれていました。
     プッチーニが1904年に初演した歌劇『蝶々夫人 マダム・バタフライ』に、今で言う「さくらさくら」のメロディーが登場します。
    2008年2月27日発売、キングレコード KICG3255
     スーザン・オズボーンさんが歌った「さくらさくら」で始まるこのCDは、もととなった箏曲「櫻」の他、プッチーニ作曲の《蝶々夫人》のなかで、「咲いた桜」の旋律が良く聴き取れる部分まで、21曲を聴くことができます。 
     1974年に録音されたオペラ《蝶々夫人》の全曲版CD「プッチーニ/Madama Butterfly: Karajan / Vpo 」。指揮はカラヤン。流麗で幻想的な《蝶々夫人》。港に停泊しているアメリカ船からの大砲の音は、リアル感をますためと言うよりもよりファンタジックな演出に、わたしは聴いていた感じ浸っています。効果音というよりも楽器の一つのようです。録音優秀で推薦盤です。何より、ソプラノのミレッラ・フレーニとテノールのルチアーノ・パヴァロッティの組み合わせは一番。音楽ファンを最も魅了し、将来も期待させていた70年代中期の颯爽とした歌唱が、何よりの聴き所、《蝶々夫人》という題材に左右されていなくて日本らしくないと聞かれもするとは思います。日本というより東洋的恋愛劇の魅惑です。 
     
     サクラのモチーフが可愛い、ワコールのブラとショーツのセット。「ワコール LALAN チェリー・ブロッサム3/4カップ」。セール中でしたので、注文して届いたところでした。サクラの柄のファッションは、なにかとありますけれども今日は試着してみたところでしたのでご紹介。
     ブラのカップにはパッドが入っています。そして、ストラップは二股になっています。脇から、寄せてあげて。そしてワイアーの位置が低く着用できるので袖ぐりの大きなアウターを着ても気にしないでよさそうです。
     ショーツは、おしりをすっぽり包みます。でも、ストレッチレースが飾っていますので、隠している部分が少ないように見えます。身体は動かし易く、しっかりフィットしています。スポーティなイメージとエレガントのバランスが良い感じです。
    Creative Commons License
    This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


    幕末と西洋音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

    スポンサーサイト

    2018.07.18 Wednesday 23:45
    0
      Creative Commons License
      This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


      - | - | - | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

      コメント

      コメントする










      この記事のトラックバックURL

      http://amadeusrecord.jugem.jp/trackback/538

      トラックバック

      メールアドレスを入力してください:

      配信: FeedBurner