誰も寝てはならぬ | クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

http://amadeusrecord.net/
アマデウスレコードのサイトは上記アドレスへ移行しています。
音楽をキアロしませんか?
クラシック音楽に限りません。
音楽についてのあなたの謎を教えて下さい。

今日の売れ筋アイテム

誰も寝てはならぬ

2009.01.09 Friday 23:45
0
    熊本城


    ペーブメント


    レッドリボン

     9日夜。熊本は空気はしずかに、そして乾燥していて、でも、風はありませんでしたので、さらっとした感じが顔の表面を触る感じ。然し、しばらく街中を歩いてひと息つくと、身体の芯にはズンというものが留まっていました。


    TODAYs SUITEs


     苦労知らずで、わがまま。重責は負いたくないのに、何かと座の中心で居たい。機嫌が良いと、自分の予定も相手の都合もお構いなしでつきあわせたがる。どこかのお姫様だったならば、何度も「寝てはならぬ」とおふれを出して周囲を困らせていることでしょう。

    SCORPIONS - Bridge to Heaven

    By Eynar Eduardo

    Sailing home on silver wings
    Sailing home where freedom rings
    The night is cold and dark December
    Long is the road and we must walk alone
    Until our hearts will melt the sky
    While angels wings are passing by

    We're sailing home on wings of heaven
    We're sailing for the gates of seven
    There is a word we must remember
    Where is the love to melt that heart of stone
    Yes, as the sun will melt the night
    We shall be found with keys of light , keys of light, keys of light

    Yes we shall build a bridge to heaven
    Together we will find the road to sky
    Yes we shall build a bridge to heaven
    From mother earth right on to paradise
    And when our hearts will melt the sky
    We shall have found the keys of life ,keys of life

    Yes we shall build a bridge to heaven
    Together we will drink the wine of sky
    And as the sun will melt the night
    We shall be one as morning light
    Shall be one with the dawn



     ・・・もしかして、もう「寝てはならぬ」と何度か言っているかも。ごめんなさい。


     身体が弱いからと常に教師に感心を求め、担任にはことのほか目をかけてもらっていたことを良いことに、普段は目立つことなく過ごしていても年に一度はクラス中を騒がせていた小、中、高校生時代。
     担任の名前、そして体育教師の名前。忘れないようにとの思いがあったのでしょう。学校の話が出るごとに、母は確認するように「○○先生は・・・」と会話に付け足していたのを思い出されます。

     若い世代が就労できないのは、学生時代に全ての問題があるわけではないと考えます。
    家庭と連携を図ってでも居たような、先生方のおかげで内弁慶のわたしも、気負うところ無く学生生活を過ごすことが出来ました。ありがとうございます。[ JUGEMテーマ:10年後に自分はどうなっている? ]
     


    Creative Commons License
    This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


    幕末と西洋音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

    スポンサーサイト

    2018.10.02 Tuesday 23:45
    0
      Creative Commons License
      This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


      - | - | - | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

      コメント

      コメントする










      この記事のトラックバックURL

      http://amadeusrecord.jugem.jp/trackback/539

      トラックバック

      メールアドレスを入力してください:

      配信: FeedBurner