我が家の一反もめん様 #ほなたりの栞 | クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

http://amadeusrecord.net/
アマデウスレコードのサイトは上記アドレスへ移行しています。
音楽をキアロしませんか?
クラシック音楽に限りません。
音楽についてのあなたの謎を教えて下さい。

今日の売れ筋アイテム

我が家の一反もめん様 #ほなたりの栞

2009.08.23 Sunday 07:11
0
     カランコロンと昨日の日付が今日に変わるとき、残しておきたいほなたりワード。就寝前のなおっぴさんの素敵なつぶやきに出逢って、ほなたりの栞を忘れないように、わたしの大切な思い出のタオルケットのことを書いておきたくなりました。わたしと母の大切な思い出、そしてわたしのタオルケットへの思いを伝えたくなりました。 
      
    昔々使っていたタオルケットにくるんくるん丸まって 寝ちゃおうかな。きっとさみしくない ほなたり。

    カフェほなたり しゃけのおにぎり

    ほなたりの栞:一反木綿に愛された娘


    昨日 ちびっぴが なかなか眠れないとき、お腹の上に乗せてみた。ママの中にいたからぴったりくっつけてまた想い出すかなーって。そしたら本当に寝ちゃって足がびくんびくんって動いたから 涙が出た。そうやって、お腹の中でもやっていたんだなと想った。

    ほなたりの栞:一反木綿に愛された娘

     

     わたしが赤ちゃんの時のタオルケット。幼稚園の初めてのお泊まり会では、心強いお伴になってくれました。小学生の時にはプールの着替えに使うバスタオルとして、わたしの身体を包んで成長を長い間護ってくれました。

     幅が足りなくなって胸元を安全ピンで止めていたところが、ほつれて穴が開いてたけど母が、「まだこれ取っておくの?」と尋ねたやさしい表情は今でも忘れられません。枕カバーになったときもある、今では毛羽立ってしまったタオルケットは古いMacのカバーになっています。

     わたしと同じ歳のタオルケット。引っ越しの時にたくさん親しんだ道具にお別れを言ったのだけれど、新しいお部屋で道具を解いたら思い出のタオルケットがMacを移動の衝撃から護ってくれていました。

     母の話によると、産湯を使っていた頃からわたしを包んでくれていたタオルケット。こっそりと引っ越しの荷物に忍び込んだのかしら。  いつまでもわたしのそばにいて、付喪神になるのかもしれませんね。


     鹿児島を代表する妖怪、一反木綿は付喪神。鹿児島県の大隅地方に居るのだそうです。


    JUGEMテーマ:名言集*

    エスアンドエス
    (2007-11-06)
    コメント:小学生の時に、シーツで一反木綿を作ろうと思った。でも、それから数十年。未だ試したことはありませんでした。一反木綿のタオル。二枚在れば身体を隠せるかしら。

    やのまん
    ()
    コメント:近頃値付けが密やかに流行っています。仕事仲間もPCでいろいろ調べていたりします。

    武村 政春
    ソフトバンククリエイティブ
    (2008-08-13)
    コメント:今年も一反もめんが飛んでいる姿が目撃されています。洗濯物が舞っていたのだろうとUFOよりも警戒感はないようです。一反木綿はいったい、何を食べているのでしょう。

    Creative Commons License
    This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


    カフェほなたり | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

    スポンサーサイト

    2019.07.29 Monday 07:11
    0
      Creative Commons License
      This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


      - | - | - | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

      コメント

      娘のことでつぶやいたことを、
      このように取り上げて下さって、
      本当にありがとうございます。
      そして、大切な想い出も教えていただいて嬉しく思います。
      タオルケットはいったんもめん!
      夜中にふわりふわりと娘を乗せて
      遊んでくれてるのかもしれませんね。
      ありがとうございました。
      | naoppi | 2009/08/23 6:16 PM |
      一枚のタオルケットを、いつまでも身近において使っているわたしに母が、「まだ使うの?」といって洗濯から取り込んだものを、優しくたたみながら手渡してくれていた時の母の明るい表情が忘れられません。

      フェイスタオルなどは、直ぐに新しいものと置き換えてありましたから、このタオルケットに母もいろいろな思い出があったのでしょう。
      わたしを育てる課程の思い出が、このタオルケットに染みこんでいるのでしょう。

      長くものを使うことは大切なことですけれども、破れたり色が汚くなったものはさっさと新しいものをおろすようにとも言われて育ちました。

      そのような母が、笑顔で渡してくれていたタオルケット。
      きっと、
      なおっぴさんがゆっくり夜休めるように、ちびっぴちゃんと遊んでくれることでしょう。
      コメントありがとうございます。
      | アマデウスレコード | 2009/08/24 1:10 PM |

      コメントする










      この記事のトラックバックURL

      http://amadeusrecord.jugem.jp/trackback/727

      トラックバック

      メールアドレスを入力してください:

      配信: FeedBurner