Alive 伝えたい言葉があって、伝えたい相手があって、伝えたい想いがある。 | クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

http://amadeusrecord.net/
アマデウスレコードのサイトは上記アドレスへ移行しています。
音楽をキアロしませんか?
クラシック音楽に限りません。
音楽についてのあなたの謎を教えて下さい。

今日の売れ筋アイテム

Alive 伝えたい言葉があって、伝えたい相手があって、伝えたい想いがある。

2010.01.15 Friday 23:00
0
    エイベックス・エンタテインメント
    (2009-12-30)
    コメント:2009年、ツアーのクライマックス。武道館ライヴ。4人が本当に今、歌いたい、ファンと気持ちを共有したいという期待。そしてその何かを捕まえたという感触が伝わるステージです。

    (2010-02-25)
    コメント:今年はベリーダンスのブームが来そうです。もしかしたら「お多香さん」効果なのかも知れませんね。エロスは何事の原典に大切な物ではないでしょうか。ベリーダンスはダンスの原典なのだそうです。お多香さんの嫌らしさが感じられないところが素敵。

    エイベックス・エンタテインメント
    (2009-04-29)
    コメント:「...& smile」で手話を学びましょう。2月には「バンクーバーパラリンピックへの挑戦」もNHKで放送されます。1日1日がとても充実していることでしょう。誰の為でもなく自分の歓びの為だからがんばれますね。息子とよりしっかりと心を通わせる為に。

    2008年に再結成したスピード SPEED の武道館ライヴが NHK BSハイビジョンで(2010年1月15日)午後11時から放送。

    【曲目】

    • Breakin’ out to the morning
    • ALL MY TRUE LOVE
    • STEADY
    • Precious Time
    • Long Way Home
    • ALIVE
    • あしたの空
    • S.P.D.
    • Wake Me Up!
    • White Love
    • Go! Go! Heaven
    • Body & Soul
    • ラブリー・フレンドシップ
    • my graduation

    【収録】2009年10月13・14日/東京・日本武道館

    SPEED


    十代の頃と違って、

    今では、歌っていて、嬉しいことは、

    伝えたい言葉があって、

    伝えたい相手があって、

    伝えたい思いがある。

    息子が生まれて、歌うことへの想いがが変わった。

    ・・・今井絵理子さんの言葉に共感。


     スピードはわたしの一番のお気に入り。映画『アンドロメディア』が公開された頃には、最も夢中になっていました。クラッシックもジャズも聴かないで、朝から晩までずっと聴いていたほどでした。今でも『アライヴ』などを耳にすると、自然と身体がステップを踏んでしまうほどです。 
     頭よりも身体が覚えているものがあるって、不思議なものですね。

     今井絵理子さん、上原多香子さん、島袋寛子さん、新垣仁絵さんの4人組でSPEED。 
     それぞれにファンが居るでしょう。デビューしたばかりの頃の、HIROは可愛かったですね。 
     スマップもメンバーの歳の差があります。スマップやスピードが出てくる以前のグループは、歳が近かったり、友達同士だったりがほとんどだったと思います。 
     歌手やダンサーを目標に集まってきた若い才能を、事務所が顔合わせさせて作ったグループ。 
     初めて顔を合わせるもの同士、年齢も違う。そんな共同生活を送っているグループほどに、お互いの強い共感は深いものでしょうね。

     今は一人っ子も多くて、仲間づきあいも苦手な子どもたちが多くて社会に出ていても引きこもりのような大人(大人と言って良いのか、わたしとしては気になるところですけど)も合宿して学び取って貰いたい思いがあります。

     その辺の個人的な思いはさておき、ここでクイズ。

     わたしがスピードの中で一番好きなのは、

    • 今井絵理子宝石ブルー
    • 上原多香子宝石赤
    • 島袋 寛子宝石紫
    • 新垣 仁絵宝石緑

     誰でしょうか?


     昨日、1月14日は上原多香子さんのお誕生日(1983年1月14日生まれ)でした。今は一番活動を見守っていてあげたい、妹みたいに思っているアーティストです。新垣仁絵さんは、笑顔でいつものようにマイペースのシャープなダンスを披露。上原多香子さんは一生懸命。伏し目がちに自分のステップが気がかりなのか、客席に笑顔をむけることは少なくて自分探しの真っ最中、がんばれ。

     それぞれに異なる生活を送っているもの同士が、ライヴで心をひとつになる。数時間という短い間だからこそ、哀しみも怒りも忘れて一緒になれる。変わっちゃいけないこと変わっていくこと。どちらも大切なことです。

     ダンサブルなチューンで基礎作りは堅牢なSPEED。HIROのフェイクがかった歌い方も以前は正確な音程に戻ろうとしていましたけれども、気持ちの揺れは大きく自由に羽ばたくような歌い方に変わりました。ソロで求められる安定な歌い方と違って、SPEEDにはellyの安定したヴォーカルがしっかりとした柱になっているから許される。リズムと揺らぎが、ellyの安定したヴォーカルで引き締められている。音楽セラピー的な素養は整っているように、わたしはSPEEDには感じています。[ JUGEMテーマ:心、体、そして魂。 ] 

    Creative Commons License
    This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


    カフェほなたり | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

    スポンサーサイト

    2019.07.29 Monday 23:00
    0
      Creative Commons License
      This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


      - | - | - | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

      コメント

      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2010/01/17 4:34 AM |

      コメントする










      この記事のトラックバックURL

      http://amadeusrecord.jugem.jp/trackback/790

      トラックバック

      メールアドレスを入力してください:

      配信: FeedBurner