「ニーベルングの指環」人物相関図 | クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

クラシック音楽を楽しむアマデウスレコード

http://amadeusrecord.net/
アマデウスレコードのサイトは上記アドレスへ移行しています。
音楽をキアロしませんか?
クラシック音楽に限りません。
音楽についてのあなたの謎を教えて下さい。

今日の売れ筋アイテム

「ニーベルングの指環」人物相関図

2010.08.22 Sunday 23:49
0
    ベジタリアンが「野菜だけしか食べない」という人がいるように、ワーグナーだけを聴くという人が「ワグネリアン」と称されています。
    「程度はありますが」という言葉を添えて、土曜日の夜から日曜日の早朝にかけて生中継された「バイロイト音楽祭2010 ワルキューレ」の幕間に色々とワグナーのこと、バイロイトの街、バイロイト祝祭劇場の様子など分かり易い解説がされていました。

    なかでも4部作「ニーベルングの指環」人物相関図は、ワグネリアンにはなじみ深い図式図なのですが、きっとワグナーもきちんと表に書き出して作曲していたんじゃないかしら。ワグナーの「リング」を楽しむ人が必ず頭に入れておきたいものです。オペラを鑑賞する前に頭に入れておかないと混乱を起こすでしょう。これに加えて、地図のようなものをイメージできるようになると物語の背景は分かり易いとわたしは考えています。ワグナーの指環は、演奏時間が長いしわかりにくいとたずねられることがあります。しかし、ストーリーの説明を分かり易いようにとすればするほど入り組んだ人間関係の補足でただただ長いものになりがちです。コミックにも何種類もなっているので、読むように勧めることがあります。でも、どれもわたしが読んで面白いと思えるものほど、指環初心者には大変なものになる様です。
    コミックを書いた作家さんも、何かと個性を出そうと工夫しているのがコミックでとりあえず流れを知ろうという初心者にとっては諸刃の剣になっているんじゃないかしら。

    話しの流れよりも物語設定の方に作品の本質があると、あれこれ意見を出し合っているのがワグネリアンとも言われるクラスタです。全体の流れを簡潔に解説できるワグネリアンは研究者ほどに少なくなることでしょう。モーツァルティアンの中には類するような愛好家も少なくないけれども、バッハやショパンとは異なる存在だと思います。
    「ワルキューレ」中継の幕間は充実していました。それぞれ音楽解説番組として独立できそうでした。

    バイロイト音楽祭は、各幕の開始時間が厳格に定められています。幕が終わったら、観客は座席に残っていることは許されません。そして扉は上演1分前に鍵がかけられるのです。
    バイロイト音楽祭の中継放送は、幕間で退屈させられるんじゃないかと思っていたのが間違いでした。かえって最後まで楽しめました。
    6時間にわたる番組でしたが、眠くなることもなく嬉しい歴史の立ち会いが出来ました。[ JUGEMテーマ:オペラ ]
    Creative Commons License
    This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


    ワルキューレ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

    スポンサーサイト

    2020.08.04 Tuesday 23:49
    0
      Creative Commons License
      This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported License


      - | - | - | pookmark | ファイブ ブログランキング | にほんブログ村 音楽ブログへ | にほんブログ村 クラシックブログへ | 人気ブログランキングへ | この記事へのリンク

      コメント

      コメントする










      この記事のトラックバックURL

      トラックバック機能は終了しました。

      トラックバック

      メールアドレスを入力してください:

      配信: FeedBurner